Coming soon

写真が溜まっております。おいおい記事を書きます。

北信 紫のヒナルリ、チュウブマヤサン、エゾエノキ材

九州 ソボセダカ キバネニセリンゴ ピドニア(ヒミコ、サイゴク、もしかしたらのキュウシュウ)、太いヒメクロトラ、ジャコウ、ヘリウス

石垣島の材 ヤエヤマフト イシガキキボシ コゲチャフタモンヒゲナガ*2

南アルプス山麓のイワサキケブカ

オクエゾトラ、ケマダラ

石垣島の材 キマダラヒメヒゲナガ

カノミドリトラ、ケナガ、逃げられたムラサキアオ

関東のトゲヒゲトビイロカミキリ

使用機材:https://ita.hatenadiary.jp/entry/20180816/p2
クリックで拡大。★は初見。
関東甲信にいるカミキリで撮影したことがない種類、だいぶ減ってきました。列挙すると、
シナノサビ、エゾラギ、パキタ、オトメ(2亜種)、スミイロ、ムナミゾ、ヒメヨツ、タケウチホソ、ニセハコネホソ、ギガン、サハリン、オダイ、ヨツボシ、タイワンメダカ、ムネアカメダカ、クスベニ、クロヒラタ、オオトラ、フトキクスイ、ヤツボシシロ、トゲムネアラゲ、カスガキモン、トゲヒゲトビイロ、ジュウモンジニセリンゴ、タイリクフタホシサビ
ピドニアを除くと以上となります。縁がない普通種と、難関種の詰め合わせです。
シーズン前から材採集で狙えるのはタイワンメダカ、ムネアカメダカ、カスガキモン、トゲヒゲトビイロあたり。今シーズンは3月からトゲヒゲトビイロを狙って何回か出撃。本来南方系のカミキリで、房総と三浦に局地的に生息していますが、近年分布範囲が広がっている可能性が指摘されています。関東一円に元から分布するトビイロは胴体が細く足が黒っぽいですが、トゲヒゲは太くて足が翅と同じ色なので触角のトゲを見なくても容易に判別できます。

続きを読む

八重山遠征Day 5: 西表島

使用機材:https://ita.hatenadiary.jp/entry/20180816/p2
クリックで拡大。★は初見。
西表島は前回の観光の時、カンピレの滝に日帰りしましたが、虫は特に見つけられず。
今回は一泊してガチ探索します。第一目標はベニボシ。川沿いの有名産地へ。

続きを読む