新カミキリ図鑑1

ついに出ましたね。まだ全種類の半分ほどまでですが。ノリとしては、新たな知見が出た種類について月刊むしの報文みたいなのがたくさん載っている、という感じですね。こまごまと分類に関して変更があります。まとめてみます。

関東甲信

  • 和名の差戻し:むかしの名前にもどったカミキリ
  • ヤマトヨツ>コヨツ
  • クロオオハナ>セアカハナ
  • フタオビヒメハナ>フタオビノミハナ。
  • ニセ、ワルサワも。最新のキイ、アワ、サキモリも掲載

分類変更
ヤツボシハナとツマグロハナが統一、ヤツボシハナに。

北海道と本土が別亜種になったもの

  • オオマルクビヒラタ
  • ヤツボシハナ
  • トホシハナ
  • ホクチチビハナ
  • カラカネハナ北海道亜種は抹消

御嶽の亜種

  • オトメの御嶽以外が別亜種に。
  • クロハナがキタクロハナに。御嶽だけ別亜種。ムネアカクロハナは一種

その他

  • 四国九州のアルマンが別亜種
  • ハネビロハナの個体変異すごいな
  • アラメハナの変異かっこいい。
  • 対馬のチャボハナが新亜種。
  • 九州のカツラの精が独立種


南方

  • オオシマホソハナ沖縄が別亜種
  • ノルティア亜種
  • リュウキュウトビイロ八丈新亜種
  • コゲチャヒラタ、奄美と先島がそれぞれ新亜種。
  • ウスバ奄美沖縄が新亜種
  • リュウキュウムナクボがツシマの亜種に

  

こうなると、オトメを御嶽とそれ以外で落とさねば。またホクチチビハナ本土亜種もどこかで狙わないとな。キタクロハナは同定が難しい。どうしたもんか。トホシハナ本土亜種は採集する人には難関ですね。撮影は簡単なんですが(とにかく2200mくらいまで登ればいい)。

実は虫屋さん新年会で著者のお一方とお話する機会があり、気になっていたことをいろいろ教えていただきました。ヒメシラオビは亜種でなく二種になるとか。うーん、尖ったほうをどこかで落とさねば。その他フトキクスイとかミヤマドウボソとか。複雑で書ききれない。

 

コブとピドニアはまた数年以内に別の図鑑として出るようなので、そちらも楽しみですね。

新年会ではカミキリ界の大御所から若手期待の星、師と仰いでる方々、お名前は存じていて初めてお会いできた方などたくさんいらしてお話できてよかったです。

http://dx999.grupo.jp/blog/2442555

 

プログラミング・コンテスト

 

今回は統計物理っぽい良問です。

AZsPCs - Hexagonal Neighbors - Description

六角形に数字を入れる。隣の六角形に自分より小さい数字がそろっている条件、たとえば自分が4なら1,2,3が必ず隣にある、という条件でなるべく入れる数字の合計が多くなるようにする。

いつもやってる、Metropolisアルゴリズムでとりあえずやってみて、Wang Landauに拡張して、さらにスコア&ペナルティの二次元のWLにする、でいいスコア出てます

月刊むし

 

もう次の号が出ちゃいましたが、10月号はカミキリ特集。いろいろ必見の記事満載でしたよ。宮崎の照葉樹林の話、九州のフィールドでお会いした時に変なの(オオムラサキ)がいろいろいると伺ってましたが、ピドニアもへんなのがいるのですねぇ。

ブナ帯のは9Jでだいたい揃うんですが、照葉樹林はまた別ですなー、大変。

あとホソトドマツとか、いちおう去年狙うリストにいれて十勝あたり回ったんですが、2000年以降は採れてないとか。ふーむ。

引っ越しました

はてなダイアリー」が終了し、全面「はてなブログ」に移行するそうで、こちらにデータを移行しました。リンクなども自動的にこちらに飛ぶようです。

いくつかイーガン作品に解説ページへのリンクが印刷してありますが、それもこちらに飛ぶようになります。コメントなども一緒に移行してあります。

よろしくおねがいします。

 

あーもう九月も終わりですか。仕事が忙しくなると虫のことが頭から消えるという便利な性分なもので記事もご無沙汰です。木曽のラギウムが8/20に蛹化、ちょっと上翅の位置がおかしかったので心配しましたが、20日ほどでようやく羽化。やはり羽化不全でした。そして足が真っ黒だったのでタダラギのようでした。上翅はちょっと明るい色なんで断定はできず、前胸はうまく羽化できず形状が不明。いろいろ残念。

あとで写真をアップします。

ニセノコギリカミキリ

使用機材:http://d.hatena.ne.jp/ita/20180816/p2
クリックで拡大。

ひさびさに夜の高尾山。

ヒゲナガゴマフカミキリ

シデ類の生木にペタペタと。ヨコヤマは見つからなかった。

ニセノコギリカミキリ

灯火で発見。前胸を撮影すると、ツルツルでなくギラギラしているので、ニセノコの可能性。持ち帰って精査することに。
一番明確な区別点である、後脛節の上面の溝の有無を撮影することができた。