★ニセハムシハナカミキリ

Canon EOS Kiss X5+Tamron SP AF90

  • ストロボ:絞り優先モードF11〜F13、露光1/200固定、ストロボ+2、ケンコー影とり、ISO-AUTO
  • 自然光:マニュアルモードでF8〜F16、露光1/125〜1/1000、ISO-AUTO

クリックで拡大。★は初見。

マタタビは例年6末が時期のようだけど、今年は季節が早いので前倒しで。菩薩エリアを下見済みだったけど、別のエリアを教わりそちらへ先に。読み通りすでにマタタビは満開で掬うと花が少し落ちる。最初のマタタビで同行のEさんいきなりターゲットをゲット!自分も別の株で捕獲。生態狙える低い花にはいなかった。

ニセハムシハナカミキリ★

捕獲後撮影。こんなに光沢があるなんて聞いてないよ〜。アカガネサルハムシ並み。色合いもすごく微妙な色で、紫っぽい部分と黄色っぽい部分が。


ホソガタヒメハナカミキリ

マタタビはまだ朝露に濡れていたし天気も曇りだったのでピドが沢山。

ホソガタヒメハナカミキリ

ヒメハナカミキリsp

ツマグロ or カクムネ

ニセヨコモンヒメハナカミキリ

移動

とある方が8年前に撮影されているとあるカミキリに関して情報を伺い現地調査。なるほど先日見た環境に似ている。
公式な記録にはされてないので再発見できれば山梨初ということに。しかし厳しいだろうなー。豪雪の翌年なら可能性上がるかも。